【ラブシェール法】使い方とメリット・デメリット

投稿者: |

ラブシェール法ってどんな必勝法・攻略法?

誰でも分かるラブシェール法の使い方

カジノのラブシェール戦法とは、ポーカー・バカラのテーブルゲームで使用できるゲーム攻略法です。プレイヤーの参加人数が2名以上であれば使用でき、賭け方としては最初から4倍プッシュという高配当で挑むのが特徴です。上級者プレイヤー向きのカジノゲームに特化していて、応用することで高配当の払い出しに期待が持てるものになっています。

こちらの記事もおすすめです⇒【無料】ベラジョンカジノでカジノゲームをタダで遊ぶ方法

ラブシェール法の利点・長所・メリット

メリットとして挙げられることは、配当のパーセンテージを自由自在にプレイヤーが操作できる点です。大きく勝ちたいと思うゲームに自身の意思を投影させられるので、ディーラーよりも優位に立ってゲームをプレイできます。そのためポーカーやバカラのように、ディーラーの先攻ゲームになりがちなものほど、攻略法の効果を高く得られることでしょう。

また他プレイヤーが参加するゲームであっても効果があり、思い通りのステージと配当率で進められるという利点もあります。

ラブシェール法の欠点・短所・デメリット

デメリットは、4ターン目以降のリーチ時に攻略法が使えないという点です。ラブシェール法は先制時に効果を発揮する攻略法なので、後半のプレイで逆転をされると勝利が遠のいてしまいます。そのため、使用する際は必ずコイントスで先制をとらなくてはいけません。

ラブシェール法の使い時や注意点は?

自分で計画を立てて結果を出したい時に使おう!

この攻略法は、自由自在にベットが出来るのが魅力です。自由ということは自分でゲーム計画を立てる必要が生れるので、最初の攻略計画を立ててから実際にテーブルに着席するのが望ましいでしょう。どのゲームにベットを掛けるのかしっかりとシミュレーションをして挑めば、自身の意思で勝利と手に入れることができます。

こちらの記事もおすすめです⇒「ベラジョンカジノのテーブルゲームで遊べるゲーム・ソフトウェアを徹底解説」

メモが面倒なので注意!

数式を用いる攻略法であるため、メモが面倒になってくるので途中で辞めたくなることもあるでしょう。イライラするようなら合っていないので別手法にしたほうがいいともいえ、細かく分析できる心の余裕がある時に使用するのがいいです。

メモをとる時は、オンラインカジノであればビデオピクチャーというソフトを使用すれば、すべてのゲームのオッズ表をメモという形で記録できるので便利です。手書きのメモよりも詳細なデータを漏らさずに記録できるので、さまざまな使いやすいソフトを導入するのも手です。

こちらの記事もおすすめです⇒「ベラジョンカジノのライブカジノで遊べるゲーム・ソフトウェアを徹底解説」